THE MUSIC FRAME

1/10

今や音楽のサブスクリプションサービスは日常の当たり前となり、聞き流すというスタイルでこれまで以上に音楽は私たちの生活の中で身近な存在となりました。一方で、かつてレコードやCDといったメディアを購入する体験の中にあったアルバムジャケットの存在感は薄れつつあります。昔は「ジャケ買い」なんていう言葉があったほどアルバムジャケットの存在価値は高く、音楽体験の一部として大きな役割を持っていました。
音楽がBGMとして環境化していく中で、アルバムジャケットもまたその環境の一部として生活の中に”ある”のはとても普通の事のように思えます。

 

このTHE MUSIC FRAMEは、音楽再生と同じタイミングでそのジャケットを表示します。

また、その表示がCDサイズとほぼ同じであることも重要なポイントの一つです。


曲の切り替わりで、次のジャケットに表示が自動的に切り替わる、それだけの体験です。
しかしおそらく、あまりにもその自然な体験がなぜ今まで私たちの生活の中に存在しなかったのか不思議に感じることでしょう。

​*Cafe、Photo Studio、Hair Salonにて空間展示を開始しました。